ペン/万年筆の太さを細分化してペンケース/万年筆ケースに生かす

ペン/万年筆の太さの細分化を行うことによって、お客様がケースを手にした後の入れ味を想像しやすくなります。今のところ4段階です。ケースの中に収まるペン/万年筆は千差万別なので、最大公約数的にケースを作ると、そこからこぼれ落ちるペン/万年筆は多くなり、イメージと異なることがどうしても起きてしまう。当然といえば当然のことなので、解像度の高いシュミレーションをできるというのが、このサイトを始めた動機にもなります。フィッティングのために然るべき納期を頂くというのが基本姿勢であり、サービスの理想を追求するため、即納商品にはならないことをご理解いただければと思います。ギフト用によく使われる仕様に関しては、いずれ在庫化していきます。