作り手だから出来るショップ作り

革製品を作り始めたころから、こう見せられたらいいのにとか、WEB上の表現にはいつもギャップを感じていたのが、このサイトでだいぶ埋まった。

革ペンケースってカテゴリはSTRUOとして偶然見つけた社会との接点。直接作っていることの利点を上手く効かしたかった。

もし自分が何も作れなかったら、誰のどういう悩みに対して仕入れを起こして価値を提供するだろうと考えると思う。だけど、直接作っていると考えが曖昧になりやすい。スピード感がなかったり、品揃えの視点がぼやけたり散漫になったり。役割が分からなくなる。そこをうまく合致させてウサギとカメの中間速度で、仕入れだけだったらやれないようなサイト作りをしていきます。直接作る温度感の高さやユニークさを表現していきたい。