定番・革ペンケースは改良で磨かれる

革の角形ペンケース(ドログラペンケース)は日本で一番作ったと思う。STRUOが外で売り始めた頃にお客さんと出会って生まれたものだし、非常に強度の高い商品。無欲で普通にやった感覚で作った物が偶然芯に当たったようだった。自分自身が文房具にこだわるきっかけになったり、バリエーションも増えて早くから異質な展開をしてきた。日本製の文房具は優れているし、ハマりやすいよっていうメッセージと共に。今後、標準タイプはYKKエクセラを使い下止め側の処理を進化させる予定。改良する余地があるっていうのは独自性を高める非常に良い手だと思う。